SUPERCAR(スーパーカー)

音楽
スポンサーリンク

私が良く聴いていた音楽を紹介する企画、
今回は伝説のバンド、スーパーカーをご紹介します。

4ピースバンドというオーソドックスな編成ながら、
女性メンバーが1人いるというオリジナリティもあり、
もうとにかく夢中になって聞きまくりました!

スーパーカー

青春時代、ヒマさえあれば聞いていたのがスーパーカー
令和の時代にも是非たくさんの人に聞いて欲しい、そんなバンドです。

メンバー

中村弘二(ナカコー)、石渡淳治、田沢公大、フルカワミキの4人がメンバーです。

ナカコーはメインボーカルを担当し、多くの楽曲の作曲も担当しています。
ボソボソと抑揚なく歌う歌声が特徴で、ネガティブな言い方に聞こえますがまったくそんなことはない、スーパーカーにはなくてはならない歌声でした。

石渡淳治はギターと担当、多くの楽曲の作詞を担当。
私は特にこの淳治の詩が好きなんです…グッときます。
いろいろなアーティストへ楽曲提供をしており、Superflyの愛をこめて花束をや、Little Glee Monsterの世界はあなたに笑いかけている君に届くまで、など多くのヒット曲を手掛けています。

田沢公大、コーダイはドラム担当。スーパーカー解散後は一般企業に勤めているみたいですね。楽しそうに叩いている姿が印象的でした。

そしてフルカワミキはベース担当。メインボーカルやコーラスを担当することもあり、特に彼女の歌声はクリアで綺麗で、一瞬で虜になりました。

活動について

1997年9月に「cream soda」でデビューし、2005年に解散となりました。

有名な話ですが、フルカワミキが地元の音楽店にメンバー募集の貼り紙をして、それを見た淳治が同級生を連れて結成。
今だったらSNSなどで募集するんでしょうけど、貼り紙というアナログな手法がまたいいですね。奇跡的な出会いです。

音楽としては、デビュー当時はギター中心の正統派ロックという系統でしたが、活動の中盤から後期にかけてはテクノ系の音が中心でした。
個人的には中盤までのギターポップな音の方が好きでした。

楽曲ピックアップ

ここからは個人的に好きな楽曲を紹介します。
もっともっと好きな曲はいっぱいありますが、とりあえず5曲!
CDを何度も何度もかけた、とても大好きな曲達です。

cream soda

メジャーデビューの曲です。
確かラジオか何かだったと思うんですが、これを最初に聴いた時に一発で心を持っていかれました。歌詞、楽曲ともにとんでもないバンドが出てきたな、と衝撃を受けたのを思い出します。今もちょくちょく聴いています。

Lucky

2ndシングルです。これがまさに「スーパーカー」という曲だと勝手に思っています。フルカワミキとナカコーのボーカルが交互に出て、これがまた最高のハーモニー。そして忘れていけないのが歌詞。

「内心は、こんな僕のどこが良いかなんて、わからないんだけど、それでも僕に少しの男らしさとか広い心が戻れば、まだラッキーなのにね__」

なかなか書けないですよ、この詩は。
MVにはデーブ・スペクターさんが登場していましたね。

Supercar Lucky PV HQ
The Nostromo Legacy 様チャンネルより

Love Forever

スーパーカーの7thシングルです。
2ndアルバム「JumpUP」に収録されていた曲ですが、後々シングルカットされました。専門的なことはわかりませんが、単調?なリズムながら染み入るメロディーに、深い深い詩の世界…スーパーカーの真骨頂だと思います。

VHSでPVが発売されていて、購入して持っていたはずなんですが見つけられず…(見つかったところでプレーヤーがないですね)

この曲のPVは、ナカコーがドアを開け続けるだけの映像なんです。
数字の書いてるドアを開けると、またドアが…それの繰り返し。
だけど、曲のラストのドアを開けると、分娩室で助産師さんに取り上げられる視点の映像で終わります。

LoveForeverというのは、ラブソングじゃなくて親から子への愛情の歌なのかな、と感じました。

Strobolights

10枚目のシングルです。
歌詞も特徴的ながら、完全にテクノ側に移った時期かと思います。

「2愛(ツーあい)+(たす)4愛(フォーあい)」が繰り返される詩にテクノサウンドが乗り、そこにフルカワミキのボーカルが最高にMIXされた名曲です。
一曲通してミキさんがメインボーカルの曲です。

もう、ただただ最高。

YUMEGIWA LAST BOY

Strobolightsの次にリリースされたシングル曲です。
もしかしたらスーパーカーで一番有名な楽曲かもしれないですね。
窪塚洋介さんが主演した映画「ピンポン」の主題歌として起用されました。

相変わらずの”よくわからないようで、よくわかる”、”よくわかるようで、よくわからない”詩に心地よいメロディがベースに流れる名曲。

やっぱりコーダイと淳治のコンビを超えるクリエイターは出てこない、そう思わせる一曲です。

もっともっと新譜を聴きたかったアーティストです。
もし復活することがあれば、必ずライブに行きたい、そんなアーティストです。
皆さんにも是非聴いて欲しいです!

Amazon.co.jp : スーパーカー

コメント